HOME安全帯を知る胴ベルト型 柱上用安全帯 U字つり・1本つり兼用安全帯/正しい使い方

安全帯を知る

胴ベルト型 柱上用安全帯U字つり・1本つり兼用安全帯/正しい使い方

ここではU字つり・1本つり兼用の柱上用安全帯に関して、その装着方法と使い方をご説明します。
内容をご確認の上で、正しく安全にご使用ください。
また、製品の使用前には各部の点検を念入りに実施し、適切な時期に部品または製品を新品にお取り換えください。

柱上用安全帯の点検と交換はこちらをご覧ください。

装着方法

バックルは刻印された順番に胴ベルトを通し、腰骨の上あたりで固定します。

墜落阻止時に胴ベルトが体から抜けないよう、しっかりと締め付けます。

ランヤードを1本つりで使用する場合や、1本つり専用の補助ランヤードを別途取り付けて使う場合は、伸縮調節器または補助ランヤードの身体側フックを接続する環(角環またはD環)の位置が、左図のように真横か後方になるようにしてお使いください。

伸縮調節器は、連結フックの外れ防止止め装置が外側になるようにして角環に掛けます。
その際、連結フックが胴ベルト端部や作業服などを挟み込んでいないか、外れ止め装置が完全に閉じているかを確認してください。

  • ロープ下側式
  • ロープ上側式
※注意事項
  • 胴ベルトや補助ベルトには「シノウ」などの工具を直接差し込まないでください。
    工具の収納は「工具指し」「工具袋」などをご利用ください。
  • 伸縮調節器を角環に取り付ける際、連結フックの外れ止め装置を内側にして取り付けるのは絶対におやめください。ベルト押え・胴ベルトの端・作業服などが挟み込まれていた場合に、わずかな振動や荷重で開口し、 角環から外れる危険性があります。

  • 正しい取付位置角環の付いた安全帯を使用される場合は、
    左図のように環の誤った個所に伸縮調節器を取り付けないよう、十分にご注意ください。

ページトップ

ランヤードの使い方

  • U字つり使用の場合
  • 1本つり使用の場合
1. 左手で伸縮調節器を握り、右手でランヤードを
引き出します。(左きき用製品は、その逆)
2. ランヤードを構造物などの後側にまわします。ランヤード先端部のフックを、外れ止め装置と安全装置を同時に押えて開きます。
3. フックを、フック開口部が内側になるようにして安全帯のD環に取り付けて、胴ベルトの端や作業服などが挟み込まれていないか、外れ止め装置が完全に閉まっているかご確認ください。
4. U字つり状態で昇降する時は、まずランヤードを必要最小限の長さに調整します。
ランヤードが滑り落ちないように絶えずステップボルトなどの突起物の上方にランヤードを掛けて昇降します。
5. U字つり状態でランヤードを短くするときは、下の(1)(2)いずれかの方法で行います。

  1. (1) 右手でステップボルトなどを握って身体を支え、左手でロープを伸縮調節器にまっすぐに押し込みながら、左腰を構造物に近付けます。
  2. (2) 右手でステップベルトなどを握って身体を支え、伸縮調節器後方のランヤードを引っ張り出すようにしながら、左腰を構造物に近付けます。
6. U字つり状態でランヤードを長くするときは、右手でステップボルトなどを握って身体を支え、左手で伸縮調節器握り、左腰を構造物から遠ざけます。
7. U字つり状態で昇降するとき、他の構造物が障害になり一時的にランヤード先端のフックを掛け替える場合があります。 その際の墜落を防止するため、ランヤードに補助フックの付いていない柱上用安全帯では、1本つり専用の補助ランヤードを別途取り付けてご使用いただく必要があります。
  1. 1.補助フックを掛ける
  2. 2.フックをD環から外す
  3. 3.昇降の障害となる構造物等をさけられる所まで移動し、再度フックをD環に掛けU字つり状態とする

*1本つり専用補助ランヤード(別売品)をご購入のうえ、角環またはD環に取り付けて、上のイラスト1・2・3の要領でフック掛け替え時の安全を確保することをお勧めします。

8. 徐々に体重をかけ、異常がないことを確認してから手を離し、作業を行ってください。

ページトップ

※注意事項

【フックの取り付け方】

  • フックをD環に取り付ける際、必ずフック開口部が内側になるように掛けてください。
    フック開口部を外側にして掛けると、外部からの力によって開口しD環から外れる危険性があります。絶対におやめください。

  • フック・伸縮調節器をD環・角環に取り付けるときに、ベルト押さえ・胴ベルトの端・作業服などを挟み込まないよう注意してください。

  • ランヤードは、ステップボルトなどの突起物の上に乗せるようにして、滑り落ちない状態でU字つりしてください。

  • 電柱や構造物などにU字つりしたランヤードの位置は、装着した安全帯のベルトの位置より高くなるようにしてください。

  • U字つり状態で作業や昇降をするとき、フックのさつま編み込み部を、右下のイラストのように対象物で左右に「しごく」ような動きが繰り返されると、編み込みが徐々に緩んで、やがて抜けてしまう危険性があります。そのような使い方はおやめください。

1. 左手で伸縮調節器を握り、右手でランヤードを引き出します。(左きき用製品は、その逆)

2.フックの取付対象物は、外れたり抜けたりするおそれがなく、墜落阻止時の衝撃に十分耐えられる堅固なものを選んでください。

3.フックは、腰より上のできるだけ高い位置に取り付けてください。また、墜落阻止時に構造物や床面の激突しない個所を選んでください。

4.フックは、安全装置と外れ止め装置を同時に押さえて開き、取付対象物に掛けて閉じます。その後、外れ止め装置が確実に閉まっているかご確認ください。

5.フックは、下の注意事項【フックの取り付け方】の図で例示されているような誤った掛け方をしないよう注意して、右のように荷重をかけた際に、垂直方向(下向き)に力がかかるように、正しく取り付けてください。

6. 8字環がついているランヤードで回し掛けをする場合には、フックを右図のように8字環に掛けて使用してください。

7. フックを取付対象物に掛けた状態で作業を行ってください。

ページトップ

※注意事項

【フックを取り付ける対象物】

1本つり使用時のフックの取付対象物は、抜けたり外れたり、墜落の衝撃で壊れたりする可能性のあるものは避けてください。

鋼材などの鋭い角にランヤードが当たらないようにしてください。
作業中や墜落阻止時に、ランヤードが切断される恐れがあります。
やむをえない場合は当て布などを構造物に巻き付けて、ランヤードが角部に直接触れないようにしてください。

【1本つりでのフックの取り付け位置】

  • 振子回避

    墜落時に「落ちた・振られた・ ぶつかった」という危険が 少ない取り付け位置を選んで ください。

  • 下方空間を要確認

    墜落時、直下で物に激突しないか、 下方空間を必ず確認してください。

  • エッジは危険

    ランヤードが鋼材の角など、鋭いエッジに接触する状態は避けてください。作業時や墜落時にランヤードが鋭い角部で、切断される危険性があります。

【フックの取り付け方】

  • 1本つりで使用する場合、右図のような掛け方は絶対におやめください。
    墜落阻止時にフック本体がねじれて変形したり、外れ止め装置・安全装置に荷重が
    かかって取付対象物から外れる危険性があります。

  • フックは必ず腰より上の位置に取り付けてください。取付位置が低いと、墜落阻止時の衝撃が大きくなります。

  • 直下の床面や物体との距離が近い場所では、墜落阻止時に激突しないよう、十分に高い位置にフックを取り付けてください。
    高い位置に取り付けられない場合は、ランヤードを短く調節してご使用ください。

  • クレーンやセイフティブロックのフックなど、移動するものに安全帯のフックを
    掛けて作業を行わないでください。

  • 水平親綱を使用する場合は、1スパン(支柱と支柱の間)を利用する作業者は
    1名としてください。

  • ランヤードの全長が2.5m以上の製品の場合、2.5m以上での1本つり使用を防止するため、伸縮調節器の位置はランヤード染色部にかからないようにしてご使用ください。

PAGE TOP