安全帯使用上の注意事項

安全帯を使用する際は以下の点に注意してください。
注意事項・禁止事項を理解し、安全な作業を行いましょう。

一般高所用安全帯はU字つり厳禁

一般高所用安全帯はロープ式でもストラップ巻取式でも、右の写真のように1本つりの状態でしか使えません。 墜落したときにロープやストラップで身体をつなぎ止めることを目的に強度・耐久性が設定されているので、安全帯に体重をかけるような使い方は危険です。
「a」のイラストのように、胴ベルトの右腰の部分にもう1つD環を取り付けるなど、「b」のイラストのようなU字つり状態で体を預けて使用することは違法であり、非常に危険です。絶対にこのような使い方はせず、U字つり作業には柱上用安全帯 をご使用ください。

安全帯のランヤード・フックを垂れ下げず、引っ掛かりを防止

狭い通路などを歩いている時、安全帯のランヤード・フックが構造部材や 足場材などに引っ掛かり、つまずいたりして危険です。 安全帯は、実際にフックを掛けて使う場合を除き、ロープ・ストラップ・フックを図のように収納袋や巻取器の中にきっちり納めて携帯してください。

ストラップ巻取式安全帯で走ると危険

ストラップ巻取式安全帯は、その巻取器が自動車のシートベルトと同じ機能を持っています。走る・飛び降りるなどの急な動作をとると、ロックがかかるのでご注意ください。

火花や薬品などに触れさせないで

ロープ・ストラップ・ベルトはナイロンなどの合成繊維製で、火気・高熱・溶剤・酸・アルカリ他化学薬品に触れると、変質し強度が著しく低下します。それらに接触しないよう十分注意してください。特に溶接作業時に"スパッタ""のろ"の付着がないよう用心してください。

使用前に点検を

安全帯は日常点検が大切です。ランヤード(ロープ・ストラップ部)は毎日点検を心がけ、胴ベルト・金具も定期的に点検を行いましょう。