TITANの安全帯をはじめ各種製品の製造に際し、
部品から完成品に至る全ての工程で、落下、摩擦、破断試験などのデータをフィードバックしています。
そのテストプロセスにおいて僅かな妥協も認めず、地道なデータ収集活動によって、
製品の安全性をより確かなものへと導きます。

徹底検査

横型引張試験機

主に完成品の強度テストに用いられます。
破断場所を確認することで、よりバランスのとれた製品設計のための貴重なデータ収集を行います。

摩擦試験機

ロープ類の耐摩耗性能や、安全帯を構成する部品の取付部の耐久性能の調査に用いられ、開発段階での材料の選定にも活用されています。

ばね疲労試験機

製品に組み込まれたばねにストレスを与え、その耐久性能を調べるのに用います。

硬度計・投影機

金具類の強度や機能に影響する硬さ、寸法を、一部品の段階からロット毎に徹底管理することで、確実な製品ができあがります。

縦型万能試験機

金具完成品はもちろんのこと、ベルトやロープなどの強度チェックにフル活動する、文字通りの万能試験機です。

恒温恒湿機

さまざまな温度や湿度の変化を再現し、墜落防止機器の過酷な使用環境下における耐久性を検証します。

新試験棟

製品の開発と検証には様々な設備が欠かせません。

落下試験を始めとする各種の試験や、その見学等を天候に左右されない屋内で行うことができます。内部には試験塔の他、試験設備を備えています。

セミナールーム併設の展示室。各種講習会等にご利用頂けます。
ガラス越しに試験塔を見ることもできるので快適な室内からの落下試験の見学が可能です。