ロック装置付き巻取器〔リコロN〕

さらに小さく、軽くなった
リコロNのメイン画像

小型&短尺の巻取式で好評を頂いた「リコロ」をリニューアル。
巻取器の容積、構成部品ともに約15%を削減しました。

巻き取り機能

自動巻き取りでストラップが邪魔にならない。

自動巻取りのイメージ図
作業時の動きに合わせてストラップの長さが常に最短に保たれ、
作業時に引っかからず邪魔になりません。


ロック機能

ロック装置付きで落下距離を最短にするので、低床作業時でも安心。

リコロNのロック機能のイメージ図

墜落制止時にはストラップの引き出しをストップ。
落下距離と衝撃荷重を最小に抑えることができます。

丈夫なストラップ

丈夫なアラミド芯入りテトロンストラップを採用。

ストラップの拡大写真

アラミド繊維は、高機能繊維の一種で
高い強度と耐摩耗性・耐薬品性に優れます。

ラインアップ

「リコロ-N」を採用したTITANの自信作

フルハーネス型用ランヤードhl-mrへリンク
胴ベルト型RA507-sbへリンク
補助ロープAR-RW-GYへリンク


フルハーネス型用ランヤード

HL-MR型

hl-mrの説明図

ショックアブソーバが 「フック側」 ・・・・ 背中スッキリ

hl-mr型のトルソー装着イメージ背中側
落下距離などの詳細

Safety Checker〔HL-MR型〕

落下距離は、ランヤードの長さ、フックを掛ける位置、作業者の体重等で変動します。この「Safety Checker」を使えば、使用状況や身長•体重等の身体的特徴に応じた、落下距離を、誰でもカンタンに得ることができ、選択されたランヤードが使用される条件に適切かをご確認いただけます。


胴ベルト型

RA507-SB型

ra507-sb説明図

緩衝リング

墜落制止時に衝撃を受けると、変形することで
そのエネルギーを吸収する緩衝リングを装備しています。
ショックアブソーバと比べてかさばらず、コンパクトに携帯が可能です。
また腰回りもスッキリ。

ra507-sbの落下距離などの詳細

Safety Checker〔RA507型〕

落下距離は、ランヤードの長さ、フックを掛ける位置、作業者の体重等で変動します。この「Safety Checker」を使えば、使用状況や身長•体重等の身体的特徴に応じた、落下距離を、誰でもカンタンに得ることができ、選択されたランヤードが使用される条件に適切かをご確認いただけます。


補助ロープ

AR-RW-GY型

ar-rwの説明図

(ご注意)補助ロープは、移動時のフック掛け替えの際に、無胴綱状態が発生することを防ぐためにのみにご使用ください。

ar-rwの落下距離などの詳細