墜落防止システム

常設型の墜落防止システムは、専用のレールまたはワイヤーロープを昇降はしごや建造物の梁・鉄塔の構造部材などに取り付け、それらに接続されて滑走する安全器によって、昇降の際や高所での水平作業時に、使用者の墜落事故を未然に防ぐものです。取付対象や使用条件に応じて個別に設計・施工を要する"システム製品"ですので、繊維ロープの仮設用親綱とは異なり、原則的に部材・部品を単品購入してお使いいただけるものではありません。

レールシステム(エスコートレール&アイレール)

アルミ合金製のレールに取り付けた専用安全器に安全帯のランヤードなどを接続し、使用者の水平・垂直方向の動きに伴って安全器が滑走・追随します。任意角の曲げ加工を施したレールでコーナー部にも施工対応が可能。
また、直線部・コーナー部共に安全器がレール上をきわめてスムーズに滑走するので、昇降や高所作業の効率を大きく損なうことなく高い安全性を確保できます。エスコートレールは水平移動と昇降に共用でき、導電・防爆性が要求される現場にも対応できます。アイレールは軽量簡易型レールによる昇降専用のシステムです。

エスコートレールによる鉄塔昇降

エスコートレールによるタンクローリー上の給油作業

ワイヤーケーブルシステム(セイフスライダー)

直径12mmの専用ワイヤーケーブルを、端末部や中間部の取付ユニットによって対象構造物の水平面(※)に敷設します。テンショナーで適度に緊張したケーブル上を、"セイフリンク"と呼ばれる専用安全器が滑走し、安全帯などのランヤードを介して使用者の安全を確保します。ケーブルの中間支持部を安全器が通過する際に若干の抵抗を生じますが、単一システムの端から端まで安全器を取り外すことなく移動することが可能です。部材のほとんどがステンレススチール製で、長期の屋外敷設に優れた防錆性能を発揮します。

※ 水平から傾斜度15%の範囲で施工・使用が可能です。