English

墜落制止用器具 / 胴ベルト型

新規格『墜落制止用器具の規格』に完全対応

2m以上※1 での作業において、墜落制止にはフルハーネスを用いることが原則です。
フルハーネス 型を使用すると墜落時に地面に到達する恐れのある場合、6.75m以下であれば、胴ベルト型を使用できます※2

※1 作業床または囲い等を設けることが困難な場合。(安全衛生規則518条および519条より)
※2 一般的な建設作業の場合は5m以上の箇所では、フルハーネス型の使用が推奨されます。

ストラップ巻取式

“2ウェイ巻取式のスタンダード”、リーロックSII NEO。ロック装置付き。

リニューアルでさらにコンパクトになった小型&短尺巻取式。ロック装置付き。

フルハーネスにも使える吊り下げ&着脱式巻取器。ロック装置付き。


ロープ式

しっかり伸びて、しっかりもどる。Made in Japanの高い耐久性と耐候性。軽量フック&バックル。(生産準備中)

軽量フック&バックルの”カルラック”シリーズ。軽くて摩擦に強い三つ打ロープ式。

ストラップ式(生産準備中)

ダイナミックロープ式(生産準備中)

2丁掛け “ダブルフック”


着脱ランヤード

補助ベルト&サポーター

“腰にピッタリ前面フィット!腰に理想的な「面でサポート」を実現”

ソフトなのに型崩れの少ない上質の幅広クッション