点検と交換/胴ベルト型安全帯

古くなった安全帯は、反復使用による損傷や素材の劣化などによって、墜落を確実に阻止する強度や機能が失われている場合があります。
日常点検を心がけ、お手持ちの一般高所用安全帯に以下のような項目に該当する個所があれば、即時交換が必要です。また、点検時に異常が見当たらなくても、使用開始から2~3年を目安に新品に交換なさることをお勧めします。
点検・交換
必ず下記の1.~4.を実行していつも安心できる状態の安全帯をお使いください。
  1. 毎回使用前に点検する。
    特にランヤード【ロープまたはストラップ】は命綱そのものですから、確実に点検してください。
  2. 月に1度はより詳細に定期点検を行う。
  3. 使用中に異常に気付いたらすぐに使うのをやめて、再点検する。
  4. 点検で廃棄基準に該当する箇所が見当たれば、使用を中止して部品または製品を新品に交換する 。

以下に掲げる項目に該当するものは、新品と交換してください。

一度でも大きな衝撃を受けた安全帯は外観に変化がなくても継続使用はできません。

注意

  • 上記の廃棄基準より小さな損傷でも、それが複合されているような場合、危険ですのでただちに使用を中止してください。
  • 一度でも大きな衝撃を受けた製品は、外観に変化がなくても、再度使用しないでください。

保険

  • 子供が遊びに使ったり、犬やねずみなどが製品をかんだりしないように配慮し、直射日光や火気・放熱体・腐食物質を避け、屋内の風通しが良く清潔な場所に保管してください。