English

点検と交換/ランヤード

"ランヤード"とは、合成繊維製のロープまたはストラップに、フック・D環・巻取器・ショックアブソーバー・伸縮調節器などの部品を付けた「安全帯の"命綱"部分」です。毎回使用前に点検を行い、損傷があれば即時新品に交換してください。また、損傷が見当たらない場合も、使用開始から約2年を目安に新品に交換なさることをお勧めします。

点検・交換の目安

点検の際は、次の廃棄基準一覧表に照らし合わせて、各部をチェックしてください。

以下に掲げる項目に該当するものは、新品と交換してください。

交換時期
ロープやストラップに以下のような損傷があるものは、
強度が大幅に低下し、墜落の衝撃で切断される危険性が高くなっています。
すぐに使用を中止して新しい安全帯またはランヤードに交換願います。

フック

□変形 : 外れ止め装置の開閉操作の悪いもの。リベットのカシメ部のガタつきがあるもの。
□摩滅・傷 : 深さ1mm以上の摩滅・傷・亀裂がるもの。リベットのカシメ部が2分の1以上摩滅しているもの。
□錆 : 全体に錆が発生しているもの。
□ばね : 折損・脱落しているもの。
□ロープコース(シンブル)がないもの。

ショックアブソーバ

□薬品・塗料 : 汚れ・変形・硬化しているもの。
□カバーの破損 : ショックアブソーバが露出しているもの。
□擦り切れ : 両端の環部のベルトが著しくすり切れているもの。
□縫糸 : 1カ所以上切断しているもの。
□作動 : 大きな衝撃荷重を受け作動したもの。

ストラップ巻取器

□変形 : ストラップの巻き込み、引出しができないもの。
□取付ねじ : 巻取り器の取付ねじが脱落しているもの。
□摩滅・傷 : ベルト通し環が破損しているもの。
□ストラップを勢いよく引き出してもロックが効かないもの。
□巻取器のケースが割れたり、ひびの入っているもの。
□金具類が著しくさびているもの。

伸縮ストラップ(帯ロープ)

伸縮ストラップ(EXJシリーズ)
新品(良品)
摩耗・毛羽立ち
□全体的に摩耗・毛羽立ちがあるもの。(素手で確認)
焼損
□耳または幅の中に1mm以上の焼損があるもの。
退色
□ 紫外線によって蛇腹(山と谷)の山部分が白っぽく退色、または全体的に退色しているもの。
薬品・塗料
□薬品等の付着により顕著な硬化・溶解・変色が認められる。
ねじれ
□ ストラップ自体が疲弊しねじれている。
よごれ
□ 泥やセメントが付着し汚れたり、硬化している。
摩耗
□フックとの接合部に摩耗が見られる。
破損
□縫製部保護チューブが破損または脱落しているもの。
縫糸
□縫製部に緩みやほつれがあるものや、縫糸が1カ所以上切断しているもの。

ストラップ(帯ロープ)

新品(良品)
摩耗・擦り切れ
□芯の露出、また1mm以上の摩耗・擦り切れのあるもの。
切り傷
□芯の露出、また1mm以上の切り傷のあるもの。
焼損・溶融
□芯の露出、また1mm以上焼損・溶融しているもの。
薬品・塗料
□汚れ・変形・硬化しているもの。
変形
□帯ロープ自体が変形して波打っている。
損傷
□ 縫製部保護カバーが破れている。
露出
□ 縫い糸やアラミド芯糸が露出している。

三ツ打ロープ、八ツ打(クロス)ロープ

新品(良品)
摩耗
□摩耗して、棒状になったもの。
切り傷
□1リード内に7ヤーン以上の切り傷のあるもの。
焼傷・溶融
□ 1リード内に7ヤーン以上焼損・溶融しているもの。
キンク
□キンクしているもの。
薬品・塗料
□汚れ・変色・ 硬化しているもの。
さつま編み
□抜けているもの。ストランドの乱れや端末部の余長が引き込まれているもの。
シンブル
□脱落しているもの。

ワークポジショニング用器具のロープの廃棄基準

ナイロン三ツ打ロープ
直径14~16mm
交換時期
ロープに以下の磨耗程度(5)のような損傷があるものは、墜落の衝撃で切断される危険性が
高くなっています。すぐに使用を中止して新しい安全帯またはロープに交換願います。
磨耗程度(1)
磨耗程度(2)
磨耗程度(3)
磨耗程度(4)
磨耗程度(5)取替が必要
(注意)赤芯入りロープの場合は「磨耗程度⑤」で赤芯が露出します

次の状態のロープは取り替えてください。

(1)損傷
ヤーン(糸)に合計で7本以上にわたって「切り傷=糸切れ」がある
(2)溶解
ヤーン(糸)に合計で7本以上にわたって「焼き傷=焦げ跡」がついている
(3)さつま編み込み
さつま編み込み回数が3回未満になったもの(さつま編み込みが抜けたもの)
(注意)赤芯入りロープの場合は「磨耗程度⑤」で赤芯が露出します