胴ベルト型 柱上用安全帯 U字つり専用安全帯/構造と用途

U字つり専用の柱上用安全帯は、安全帯に体を預け、両手で自由な作業を行えるようにつくられた安全帯です。真上から見るとランヤード(命綱)のロープ部分がアルファベットのUの字を描いていることから、「U字つり専用安全帯」とも呼ばれます。U字つり専用安全帯は作業姿勢を保持するためのものであり、一般高所用安全帯のように「1本つり」で墜落を阻止する使い方はできません。作業状態によっては、U字つり・1本つり兼用の柱上用安全帯を使う必要があります。

使用例

U字つり専用の柱上用安全帯は、左の写真のようにランヤードのロープの部分を電柱や鉄骨などの構造物に回して取り付け、その位置で両手を使って作業するために身体支持ができる安全帯です。
「U字つり専用」ですので、イラストのようにフックを構造物に回し掛けなどで取り付けて、「1本つり状態」にして使うことはできません。「1本つり」でも使用する場合は、U字つり・1本つり兼用の柱上用安全帯をご使用ください。